【コラム】年代で薄毛の原因は異なる!年代別・薄毛の傾向と対策!

65654895

多くの男性を悩ませるのが“薄毛”の問題。とくに10代、20代の方であれば、コンプレックスの原因となり、ストレスからさらなる薄毛の進行に繋がるといった悪循環に陥ることもあります。男性特有のこの薄毛。症状名を「AGA(男性型脱毛症)」といい、今では立派な病気として治療方法も研究されてきています。

AGAは特徴として、年代によりその発症理由と予防、治療方法が異なります。男性ホルモンが大きく影響しており、また生活習慣や食事、ストレス、そして加齢も影響してきます。ここからは、そんな年代別のAGAの傾向と対策を見ていきましょう。

◆10代~20代の薄毛の傾向と対策~生活習慣に気を付けましょう

一般的に、薄毛は壮年期以降の悩みと思われがちですが、「若ハゲ」にコンプレックスを抱えている方も多くいます。AGAは若年期であっても発症する可能性があり、10代、20代の場合は「男性ホルモンのバランスが乱れる」ことで発症します。

この年代で効果的な治療法は、男性ホルモンを抑制する効果がある「発毛剤」「育毛剤」の使用です。しかし、実は医薬品として売られている発毛剤は、10代への使用が認められていません。一方、育毛剤には年齢制限がないので10代からでも使用することが可能です。亜鉛、オウゴンエキス、ノコギリヤシといった成分が含まれる育毛剤をためしてみるのがいいでしょう。

他には、充分な運動と睡眠を取ること、ストレスを溜めないことが重要です。生活習慣の見直しや規則正しい生活を送ることが、AGAへの対応や予防につながります。

◆30代の薄毛の傾向と対策~必要に応じて対策を

多くの方が薄毛、脱毛に悩み始めるのが30代。働き盛りな年代でもありますが、仕事やライフスタイルが頭髪に影響することも多くなるのが30代の特徴です。仕事がら、毎日帽子やヘルメットを被っている方の場合は、汗や蒸れによりAGAが進行してしまうことがあります。

この年代での薄毛は、まだまだ「若年性脱毛症」ではありますが、20代までと比べてAGA発症率が上昇する年代でもあります。育毛、増毛の効果があるサプリメントの摂取や、育毛剤の使用などでケアしていくことも必要です。

10代、20代の頃と違い、仕事面でのストレスが激増するのも30代です。やはりストレスはAGAの原因となってしまうので、「いかにストレスとうまく付き合うか」も大切な治療法であり予防法となります。

◆40代~50代の薄毛の傾向と対策~AGA対策も視野にいれて

10代、20代でのAGA発症の原因にホルモンバランスの乱れがあると説明しましたが、壮年期となる40代、50代でも同様の理由からAGAが発症することもあります。一般的にはあまり知られていませんが、女性と同様に男性にも「更年期障害」は起こります。男性の場合は男性ホルモンの量が減ってしまい、これによりさまざまな体調、体質の変化が現れます。その変化の結果、AGAを発症する傾向が高くなるのです。

加齢による頭髪の減少は、誰にでもある程度は起こります。しかし40代までは気にする程でもなかったのに、50代に入ったら抜け毛の量が急に増えた、といった場合はAGAの発症が原因かもしれません。AGA発症者のうち、約70%は40代、50代の「壮年性脱毛症」だと言われています。

加齢による脱毛は「びまん性脱毛症」と呼ばれ、これは頭皮の血行が悪化することが原因の脱毛です。AGAは男性ホルモンのバランスが原因ですから、効果のある発毛剤も異なってきます。使用する発毛剤にどんな成分が含まれているのかもチェックしましょう。

◆60代以上の薄毛の傾向と対策~進行を抑制できる可能性はアリ

60代までくると、新陳代謝の衰えなどから起こる「老人性脱毛症」が薄毛の原因というケースが多くなってきます。これは頭皮の血行が悪くなること、毛根自体が細く弱くなってしまうことなど、身体の機能の衰えが原因なので、対策も難しいものがあります。

一方で、この年代からAGAが発症することも充分にあり得ます。老人性脱毛症の場合は頭皮全体が徐々に薄くなっていきますが、AGAの場合は頭頂部や生え際の後退など、発症部位と薄くなる速度に特徴があります。AGAによる薄毛であれば、育毛剤の使用などで対策することも可能です。

老齢期の場合は、AGAのみというケースは少なく、大抵はAGAと老人性脱毛症が併発している状況となります。頭皮の血行を良くする、頭皮マッサージを行うといった老人性脱毛症へのケアと、発毛剤、育毛剤の使用といったAGAへの対処を同時に行うと効果的でしょう。

◆まとめ

第二次性徴期を迎えた以降は、ホルモンバランスの変化などで誰にでも起こりうるのがAGAによる脱毛、薄毛の問題です。各年代でケア、予防の方法も異なってきますが、正しいケアを行うことができれば治療も可能です。「ウチは若ハゲの家系だから……」などと諦めてしまわずに、一度しっかり、ご自身の頭部と向き合ってみましょう。

公開日:
最終更新日:2016/08/30