悩みだしたら止まらない!51%の人が抜け毛を意識してしまうシーンは○○?! あなたも気になっていませんか?

65654897

男性の多くの方が抱える頭髪に関するお悩み。普段はそこまで意識していなくても、思わぬ場面で自分の頭髪の将来が心配になってしまった…という経験をお持ちの方もいるかもしれません。同じように頭髪に悩みを抱える人たちがどんなシーンで自分の抜け毛を意識したのかは、やはり気になりますよね。そこで今回は、頭髪が気になりだしている男性に対して行った“抜け毛が気になる場面”についてのアンケート結果を検証してみたいと思います。

Q :あなたにとって抜け毛が気になるシーンは?

1

1位: シャンプーで抜け毛が多かったとき     30%
2位: 排水溝の抜け毛を見たとき         21%
3位: 鏡を見たとき                16%
4位: 枕についた抜け毛を見たとき         14%
5位: スタイリング時に髪のボリュームが出ないとき 11%
6位: ブラシなどで梳かしたとき          8%

◆第1位:「シャンプーで抜け毛が多かったとき」を選んだ人の声

・シャンプーのときに手に付いた髪や床に落ちた髪を見たときに気になります。 (兵庫県・21歳・男性)
・頭を洗うとき、手についた髪の毛を見るとヤバイと感じます。 (茨城県・44歳・男性)
・実際の抜けた毛を直接見て、こんなにも抜けるんだなと実感するから (宮城県・46歳・男性)
・シャンプーの回数を減らしてしまおうかと思ったくらい・・・ (東京都・33歳・男性)
・今の処髪の毛が薄くなったとは思わないが、シャンプー時の抜け毛を見ると少し心配になる。 (大阪府・56歳・男性)
・洗髪の際に、毎日よくこんなに抜けるなぁと思います。 (埼玉県・37歳・男性)

抜け毛を意識する瞬間として一番多かったのは「シャンプーのとき」でした。数本ならまだしも、手に取れるほどの量が抜けてしまったら……驚いてしまうのも無理はありません。中には、シャンプー自体を控えようと考えてしまった人もいるようです。

◆第2位:「排水溝の抜け毛を見たとき」を選んだ人の声

・髪の毛を洗う毎日の習慣で憂鬱になるのが排水溝にたまる髪の毛です。長さで自分のものと分かるのがまた悲しいです。 (愛知県・36歳・男性)
・頭を洗った直後、排水溝に溜まった水がなかなか流れないので覗いて見ると大量の髪が詰まっていてショックを受けました。 (北海道・45歳・男性)
・排水溝が抜け毛で頻繁に詰まると心配になります。 (奈良県・33歳・男性)
・自分の抜け毛が多いせいでしょっちゅう排水溝が詰まると情けなくなる (茨城県・30歳・男性)
・抜け毛をキャッチするため排水口に目の細かいネットをかぶせています。ネットを交換するたびに抜け毛の量をチェックしていますが、たまに驚くほど抜けていて絶望します。 (北海道・43歳・男性)
・シャンプーして、排水溝につまった大量の抜け毛を見てゾッとした。 (新潟県・27歳・男性)

続いて多かったのは「排水溝にたまった抜け毛を見た瞬間」でした。シャンプー後にふと見た排水溝に、自分の抜け毛がたまっていたら……考えるだけでもぞっとしてしまいます。なお、排水溝のつまりを防止するため、ネットをかぶせるといった工夫をされている方もいるよう。頭髪の心配だけではなく、こうした手間も抜け毛による弊害のひとつと言えるでしょう。

◆第3位:「鏡を見たとき」を選んだ人の声

・鏡に映った自分が一番インパクトを受けるから。 (愛媛県・41歳・男性)
・鏡を見て学生時代の写真を見た時に落胆しました。 (愛知県・46歳・男性)
・光の当たり具合によっては、かなり頭が薄くなっているのが分かるから。 (愛媛県・40歳・男性)
・何となく生え際や頭頂部がうっすらしてきたように感じるとショックを受けることが多い (千葉県・37歳・男性)
・鏡の前でうつむき加減になると、はっきりと頭頂部の頭皮が見えてしまうことに落ち込んでしまいます。 (神奈川県・40歳・男性)
・分け目などが目立って見えてしまうようなときに気になる (長野県・41歳・男性)

鏡を見たときに、頭髪の薄さを実感しショックを受けた男性も多いようです。鏡の中の自分は、他人から見た自分そのもの。抜け毛を受け入れたくなくても、鏡に映る頭髪の薄さは認めざるを得ないでしょう。フサフサだったころの自分のイメージ比べて、ため息をついてしまう方も少なくありません。

いかがでしたか?男性であれば、共感できるシーンがあったのではないでしょうか。いくら抜け毛が気になるからといって、お風呂に入らないわけにはいきませんし、鏡を見てスタイリングしないわけにはいきません。ご自身の抜け毛という事実に常に向き合わなければならないのは、相当なストレスになるでしょう。

アンケート結果を見ると、30代前半といった若い男性も抜け毛に悩まされていることがわかります。男性として一番いい時期をスタイリッシュでい続けるためにも、抜け毛を自覚したら早めになんらかの対策をたてることが重要と言えるでしょう。あまりに深刻な症状であれば、専門のクリニック、病院での治療も視野に入れるべきかもしれません。自分だけで悩み過ぎずに、まずが専門家からのアドバイスを受けてみましょう。

公開日:
最終更新日:2016/08/30